防水工事

 ● 住まいを長持ちさせる防水工事

建物内部に「水を通さない」「漏水させない」ために防水工事を行います。
住まいの寿命を長くする秘訣は、水から守ること。

雨漏りは、天井の染み・基礎部分の腐食・悪臭などを引き起こす原因になります。
防水工事でそのようなトラブルを防ぐことが大切です。
一度ご自身で、ベランダやバルコニー・屋上のチェックをすることをおすすめします。

水たまりができていないか、床の防水シートが剥がれていないか、などの点に着目してみましょう。


 ● 防水の種類

防水工事には様々な工法があり、お住まいの状態やご要望に合った施工をする必要があります。

【FRP防水】
軽量かつ、耐熱性・耐候性・耐衝撃性・耐摩耗性に優れているという特長があります。
継ぎ目のないシームレスな仕上がりで、優れた防水性能を発揮します。
ベランダや屋上などに最適です。

【シート防水】
シート状の防水材を繋ぎ合わせていく工法です。
材料自体の性能が安定しており、下地の亀裂にも強いという特長があります。
工期が短くて済むという大きなメリットも。
ただ、シートを繋ぎ合わせた箇所の強度は弱いことが難点です。

【ウレタン防水】
最大の特徴は、施工箇所の形状を問わないこと。
「複雑な形状をした屋上」や「変形ベランダ」などにはぜひおすすめです。
他の防水工法が決して施工できない現場こそ、ウレタン防水が得意とするところです。

一覧に戻る

▲TOPへ