屋根塗装

塗り替え時期の目安としては、外壁塗装時と同じ10年前後。
屋根は外壁と違って、ご自身で劣化状況を確認することはなかなか難しいですね。
しかし、「雨漏り」などの症状が現れてからでは、大きな工事になってしまうケースもあります。

塗装のプロがきちんと点検し、最適なご提案をいたしますので安心してお任せください。

 ● 屋根と外壁の塗り替えは、同じタイミングで

【メリット①】足場の費用が2回分から1回分に
屋根や外壁の塗り替え時には、安全面や施工面を考えて足場を設置するケースがほとんど。
別々に塗り替え工事をして足場の費用が2倍かかるより、同じタイミングで施工をした方が大変お得です。

もちろん、外壁と屋根の劣化は同時期に進んでいることが多いので、工事の回数を減らすことにもつながります。

【メリット②】大きな工事になる前に
塗装の役割は、屋根の耐久性と防水性を保つこと。
劣化に気付かず傷んだままにしてしまうと、ひび割れや欠け部分から雨水が内部に入り込んでしまいます。

雨漏りが原因で、住まいの基礎部分を腐らせてしまうこともあり、改修を含む大規模な工事になってしまう可能性も。
定期的な塗り替えを行うことで、効率よく低コストで住まいを維持することができます。

一覧に戻る

▲TOPへ