下地処理について

サイディングボードの外壁は、継ぎ手部(ジョイント部)やサッシ廻り・その他のシーリング材の劣化により、外壁内部に水の侵入が始まってきます。
防水シートやサッシ・板金の収まり次第では、早い段階で漏水が発生してしまうことも多いため、シーリング材の劣化が見られる場合は早期の段階で処置を行っておくと良いと思います。
サイディングボードにとって重要な部位になるシーリング材ですが、数年で不具合(シーリング材と接着面の剥離等)が発生するなど問題も生じやすい場所となりますので、施工の際には適切な方法で補修を行うことが重要です。

下地処理の重要性について


塗膜劣化(チョーキング)

塗装全般に共通する塗膜劣化の症状です。手に付く粉状の程度や量にもよりますが、保護する機能が失われている状態となりますので、改めて塗装する必要があります。

シーリング劣化

シーリング材のひび割れ
シーリング材の脱落
このような状態のシーリング材は水の侵入を防ぐ事が出来ません。既存のシーリング材を撤去した後に新たにシーリング材を充填する必要があります。

LINEで送る



柏原・八尾エリアで外壁塗装するなら「JTホーム株式会社」へ!

〒581-0001 大阪府八尾市末広町2丁目4-1
【電話】フリーダイヤル:0120-924-103
     代表直通: 090-7555-0310
【営業】 9:00~18:00・日祝休み
【24時間受付】 メールでのお問い合わせ